きゃんばーすからの挨拶

~きゃんばーすとは~

きゃんばーすとは、2025年以降に問題視される高齢者人口の増加に対し、国が推奨する『地域包括ケアシステム』を円滑に遂行しサポートをしていくこと、快適で安心・安全な街づくりを行い地域活性していくことを目的として発足した団体です。

兵庫県神戸市垂水区を中心として、住民の方々・福祉事業者様・医療事業者様・地域の企業様と一緒に力を合わせ、地域活性のために様々な取り組みを行っております。

canは出来る、birthは誕生。
色々なことに挑戦し可能性を生み出して素晴らしい街づくりをしていこう。
canvas(キャンバス)にも掛けており、可能性溢れる自分の未来図(生き方)を描いていこう。という願いが込められております。

この名前はメンバーのお父様が生前に、街づくりの活動や自治会活動を本気で愉しんで行っていたそうで、その姿から浮かんできたと言われて、満場一致で「それにしよう」と決まりました!!!

とてもとても想いがこもっている内容です。

我々もみんなでお父様のように本気で愉しく活動をしてもらう人を一人でも多く増やしていこうという想いで立ち上がりました。

何事にもチャレンジをしていく明るく、前向きな集団を目指します。

~理念はシンプル~
【愉しく】【ワクワク】

関わる人たちが『愉しく』『ワクワクする』ような活動を行います。
愉しくないと意味がない。ワクワクしないとやる意味がない。
私たちはこれをしなさいという強制された集団ではありません。
みんなが一人、一人主体的にアイディアを出してどうしたらそれを実現ができるかを考えて行動をしていきます。
そして笑顔の絶えない活動をしていきたいと思います。

~きゃんばーすのお約束~

1.失敗OK、どんどんチャレンジ

2.メンバー全員が主役である

3.人の意見を批判・否定しない

4.おもいやり・ふれあい・助け合う(利他の心)

5.1日30回以上笑う

~代表挨拶~

きゃんばーすのWebページをご覧頂きありがとうございます。

代表が今年4月より交代しましたのでご挨拶させていただきます。

私は淡路島で生まれ育ち瀬戸内海越しに見える神戸は幼いころからの憧れの街でありました。
なかでも夜景は絶景で、それを構成する一つ一つの光の中に「そこで暮らす人の時間」があることを想像すると、とても胸がドキドキしていたのを覚えています。

現在、我が国においては超高齢化社会を目前に我が国が抱える課題はより一層深刻な状況となっております。
私どもきゃんばーすの活動拠点である神戸・明石においても高齢化に伴う様々な地域における課題が浮かび上がっており、地域包括ケアシステムの構築が求められています。

地域包括ケアシステムの構築において最も重要なことは、ここで暮らす方々の「身近な想い」であると私は考えております。
生まれ育ったこの故郷の未来のために、思い出が詰まったこの街の未来のために、ここで暮らす家族、仲間、子供、大切な人の未来のために…

そのような『身近な想い』を掻き集めて、その想いを街づくりへと繋げる事こそがきゃんばーすの使命であると考え、ここで暮らす地域の方々の思いをもとに、みなさまと共に地域課題と向き合っていきたいと考えております。

目の前に立ちはだかる大きな課題は、到底一人の力では動かせるものではありません。

想いを持った仲間が一人二人と増えたその先に、いかなる課題も解決することができると私どもは信じております。

私が幼い頃に憧れたこの街がいつまでも魅力ある街であるように・・・

みなさまと共にこの街の未来を共に考え、築いていくための活動を行なっていきたいと考えております。

きゃんばーす 代表
井芹 慎哉